目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

目のクマ,顔のたるみ・ほうれい線知って得する美の豆知識

お手軽な目の下のたるみ改善法、ヒアルロン酸注入

  • 目の下のたるみ

目の下のたるみは、顔全体の印象が実年齢よりも上に見られてしまうことがあります。クマの場合はコンシーラーなどのメイクで隠すことができますが、たるみはメイクでは隠せず困っている方もいるのではないでしょうか。主な原因は加齢のため、諦めがちな目の下のたるみ。そんな目の下のたるみはヒアルロン酸注入で改善することもできます。ここでは、目の下のたるみ治療の内の1つ、ヒアルロン酸注入についてご紹介します。

ヒアルロン酸注入って?

目の下のたるみは、眼輪筋トレーニングなど日頃からエクササイズを行うことで予防できますが、できてしまったたるみはなかなか消すことができません。

そんな方におすすめなのが、ヒアルロン酸注入です。
ヒアルロン酸注入とは、細い注射針を使ってヒアルロン酸を注入する施術のこと。ダウンタイムがほとんどなく、価格もリーズナブルなため手軽に受けられる施術として人気です。

 

目の下のたるみを消すヒアルロン酸の効果とは

目の下にたるみができてしまうのは、主に加齢が原因として考えられます。加齢により目の周りの筋力が低下すると、眼球が下がり、それを支える眼窩脂肪が前にせり出してしまいます。それが、目の下のたるみの大きな要因です。
また、加齢によって肌のハリや弾力が低下することもたるみが生じる原因です。弾力がなくなると、皮膚が眼窩脂肪を支えきれなくなり、脂肪が前にせり出してたるみが生じてしまいます。

そもそも目の下のたるみが気になるのは、ふくらみ(眼窩脂肪が突出した部分)の真下が影になってしまっているから。その影になっている部分にヒアルロン酸を注入することで、たるみと肌の凹凸がなくなり、たるみが目立たなくなるのです。

 

治療するにはドクター選びが大切

気軽にできるヒアルロン酸注入ですが、仕上がりはドクターによって大きく変わります。まずは診断です。そもそも目の下のたるみの種類によってはヒアルロン酸注入でない治療が向いている。という場合もありますので、ヒアルロン酸注入をしたいからしてくれる。という医師が正しい。という訳ではないことも念頭においておきましょう。
次に、技術です。目の周りの皮膚は非常に薄いため、少しでも注入量を間違えてしまうと皮膚の凹凸が目立ったり、膨らみすぎたりしてしまうリスクがあります。そのため、クリニックやドクター選びは慎重に行わなくてはいけません。
以下では、クリニック、ドクター選びのポイントを紹介します。参考にしてみてください。

 

■日本美容外科学会「JSAPS」の所属の有無
クリニックのホームページなどでドクターのプロフィールを見てみると、「日本美容外科学会 会員」などの記載を見かけることがあります。まず、これに所属しているドクターを選ぶことが大切です。
ただ、日本美容外科学会には2つの団体があり、「JSAPS」と「JSAS」があります。英語表記は違いますが日本語表記が同じため、一見同じように思えますが、これらは全く異なる団体です。必ず、「JSAPS」を選ぶようにしましょう。
JSAPSとは、「Japan Society of Aesthetic Plastic Surgery」の略称のこと。形成外科専門医の資格を持つドクターで構成された団体です。2年間の初期臨床研修後、4年以上の専門医研修を経て試験に合格したドクターのみが所属できます。
一方JSASは、形成外科での研修経験を持たないドクターでも入ることのできる団体のため、注意しましょう。

 

■施術実績の多さ
ヒアルロン酸注入の仕上がりの美しさはドクターの技術次第ですが、それは実績数の多さも大きく影響しています。ドクターの経歴などを見て、なるべく実績数の多いドクターを選ぶようにしましょう。よくある例として、実績数が多くても、それはクリニック全体の実績数であり、施術しているドクター個人に対しての数値でないことがあります。例えばワンドクターでやっているクリニックであれば、実績数とイコールになるはずですので、その点も気をつけて見てみるといいかもしれません。

 

■カウンセリングは複数行ってみる
もっとも大切なのは、クリニックに出向き、カウンセリングを受けることです。そうすることで、院内の雰囲気やスタッフの対応はもちろん、ドクターのこともある程度見極められます。すぐに改善したい。と思っている時はどうしても目先のクリニックだけで判断して治療に入ってしまうケースがありますが、自分の大事な身体の一部分ですので、複数のクリニックでカウンセリングを受けて、自分で本当に納得できたクリニックで治療を受けてみてください。

 

いかがでしたか?目の下のたるみ改善法の一つとして、ヒアルロン酸注入についてご紹介しました。
 

この記事を読んでいる人は
こちらの記事もよく見ています★

目の下のたるみを悪化させるNG習慣
目の下の治療は【脱脂】がいいって本当?!

おススメ記事

美の豆知識Topページに戻る