目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

目のクマ,顔のたるみ・ほうれい線知って得する美の豆知識

年齢よって生じる「目のクマ」や「ほうれい線」、「顔全体・目元・口元などのたるみ」は、見た目年齢を老けさせる大きな要素です。写真や鏡を見て、老けを感じた経験がある方も多いのではないでしょうか。
こういったトラブルは、年齢を重ねることで蓄積されたダメージに、様々な原因が絡み合い深刻化していきます。 ここではそんな様々な悩みに関する、あらゆる美の豆知識コラムを更新していきます!

  • 目のクマ

男性も美肌を意識する時代!男性向けアンチエイジング特集

ここ数年で、見た目年齢を気にする男性や、美肌・アンチエイジングを意識する男性が増えてきました。それに伴い、男性向け化粧品やグッズの販売も増えてきています。美容業界では、男性の美容外科需要も高まってきました。しかし実際には「老化は気になるけれど、どうケアをすればいいかわからない」という人が多いのではないでしょうか。そこで今回は、男性向けのアンチエイジングケアについてご紹介します。いつまでも若々しい素敵な男性を目指して、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 目のクマ

目のクマ治療に迷ったら! お役立ち総合情報ページ

「セルフケアでは限界を感じる目のクマ…美容皮膚科や美容外科での治療も気になるけど、わからないことや不安が多く、足を踏み出せずにいる。」 そんな目のクマ治療を検討している方の役に立つ情報を今回はまとめました。病院?クリニック?どちらがいいか?施設別のメリット・デメリット。施術方法や費用など事前に知っておくことで目のクマ治療への不安を解消できるかもしれません。ぜひご参考にしてみてください。

  • 目のクマ

どう探す?目のクマ治療「名医」の見つけ方

なかなか改善しないクマに悩む方のなかには、美容外科やクリニックでの治療を考える方も少なくないかと思います。しかし、いざ治療を受けようと決心してみても、「何を基準に、クリニックを選べばいいのかわからない」という疑問に直面している方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、安心して治療を受けられるクリニックの選び方、クマ治療における名医の見つけ方のポイントをご紹介します。

  • 目のクマ

治療費を安く抑えてクマを解消するなら、モニターがおすすめ!

クマを確実に解消するには、クリニックで受けられる「クマ治療」がおすすめです。しかし、「クリニックで受けるクマ治療に興味はあるけど、高額で手が出しにくい…」と感じている方もいるかと思います。そこでおすすめとなるのが「モニター」。今回は、モニターを利用して受けるクマ治療について紹介します。

  • 顔のたるみ・ほうれい線

切らない、ほうれい線治療ってどんな治療?

ほうれい線の予防改善には自宅で行うセルフケアも効果的ですが、手っ取り早く解消したいという方は美容外科クリニックでの治療も視野に入れてみてはいかがでしょうか。 美容外科クリニックでのほうれい線治療は、いまやかなり一般的になっています。特に皮膚を切らないタイプの治療であれば、美容室やエステサロンに行くような気軽な感覚で受けられます。今回は、そんな「切らないほうれい線治療」の代表的な施術方法を3つご紹介します。

  • 顔のたるみ・ほうれい線

要注意!ほうれい線が目立つ人に多い3つの特徴

ほうれい線は年齢とともに目立ってくるものだから、ある程度の年齢になったらあきらめるしかない―― そう思っている方は多いかもしれません。しかし、例えば同じ40歳でもほうれい線が目立つ方と目立たない方がいますよね。いったいなぜ、そのような差が出るのでしょうか? そこで今回は、ほうれい線が目立たない人にはあまり見られず、ほうれい線が目立つ人には見られる特徴を3つピックアップしてみました。それぞれのほうれい線との関連についてご紹介します。

  • 顔のたるみ・ほうれい線

ほうれい線が目立つ人がやってる?3つのNG習慣

顔を老けた印象に見せるほうれい線。メイクで隠そうとしても、ファンデを厚塗りするとほうれい線の溝にファンデが溜まって汚く見えてしまったり、ほうれい線の部分からファンデーションが割れてきてしまったり、とてもやっかいですよね。そんなほうれい線は、日頃の生活習慣の見直しで予防改善が可能です。今回は、ほうれい線をつくる原因となるNG習慣をご紹介します。

  • 顔のたるみ・ほうれい線

顔のたるみ・ほうれい線を助長させる!?肌糖化って何?

顔のたるみやほうれい線、くすみ、シワなどといったさまざまな年齢肌トラブルを助長させる原因として、最近注目されているのが「糖化」という現象です。今回は、糖化のメカニズムや糖化が顔のたるみを招く理由・糖化を防ぐ方法などについてご紹介します。顔のたるみやほうれい線、くすみ、シワにお悩みの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 顔のたるみ・ほうれい線

〇〇不足を解消しよう!ほうれい線をつくらない美習慣

みなさんは、日頃満足な睡眠が取れているでしょうか?よく言われるのは、理想的な睡眠時間は7時間で、22時から26時の間に深い眠りに入っているのが望ましいということです。とはいえ、忙しい現代人にとって毎日このような理想的な睡眠をとるのは難しいことかもしれませんね。しかし、睡眠不足が慢性化すると、身体やお肌にさまざまな不調を与えてしまいます。そのひとつが、ほうれい線です。今回は、睡眠不足とほうれい線との関係についてご紹介します。