目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

目のクマ,顔のたるみ・ほうれい線知って得する美の豆知識

若々しい目元は取り戻せる!加齢によるまぶたのたるみの解決法

  • まぶたのたるみ

女性であれば、誰もがいつまでも若々しく見られたいと考えるもの。ただ、まぶたにたるみがあると老け顔に見られてしまいます。まぶたのたるみにはさまざまな要因が考えられますが、そのひとつに「加齢」があります。そこで今回は、加齢にフォーカスしたまぶたのたるみの解決法についてご紹介します。

目が三角に見えるまぶたのたるみ

まぶたにたるみが生じると、二重のラインや眼球にまぶたの皮膚が覆いかぶさるため、目が三角に見えてしまいます。それは「三角目」と呼ばれ、実年齢よりも老けて見られる大きな要因となるのです。

そんな三角目は、主に加齢が原因です。年齢を重ねると肌の弾力を保つコラーゲンやヒアルロン酸などが減少し、肌にハリや潤いがなくなってしまいます。ハリや潤いがなくなると皮膚が重力に耐えきれなくなり、垂れ下がってしまうのです。
また、年齢を重ねると筋力も衰えてしまいます。加齢によりまぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)が衰えることでまぶたが垂れ下がり、たるみが生じてしまうのです。

このように加齢による「肌の弾力の低下」と「筋肉の衰え」が、三角目を作り出す大きな原因となっています。

 

まぶたのたるみによるさまざまな弊害

眼精疲労を感じる女性

加齢によりまぶたにたるみが生じると、実年齢よりも老けて見られるだけでなく他にもさまざまな弊害が生じます。
たとえば、不機嫌そうな印象を与えることです。まぶたのたるみにより目が三角に見えると、怒ったような目付きになってしまいます。自分自身では全く不機嫌ではないのに、「怒ってる?」「なんだか不機嫌そうだね」なんていわれることも。
また、三角目は見た目の印象を悪くするだけでなく、視界も狭くしてしまいます。目に覆いかぶさるまぶたのたるみが視野をさえぎり、視界を悪くしてしまうのです。
他にも、まぶたのたるみによる三角目は、肩こりや頭痛なども引き起こします。視界が狭くなると一生懸命見ようとするため目が疲れやすくなり、肩こりや頭痛などを引き起こしてしまうのです。

 

加齢によるまぶたのたるみの治療法

鏡を見て笑顔になる女性

加齢によるまぶたのたるみは、美容クリニックで治療を受けることできれいに取り除けます。その治療法とは、主に3つ。「余った皮膚を切り取る治療」と「二重の幅を広げる治療」、そして「皮膚を引き上げる治療」です。

・余った皮膚を切り取る方法

「眉毛下切開法」や「眉毛上切開法」、「重瞼ライン切開法」など余った皮膚を切除することで、まぶたのたるみを改善します。たるみの原因となる皮膚を根本から取り除いてしまうこちらの治療法は、加齢によるまぶたのたるみ治療で最も効果的とされています。

・二重の幅を広げる方法

もともと一重の方であったり、奥二重など二重の幅が狭かったりする方は、「二重埋没法」による治療がおすすめです。二重埋没法で二重まぶたを作る、もしくは二重の幅を広げることで皮膚のかぶさりを減らすことができ、まぶたのたるみを改善できます。

・皮膚を引き上げる方法

まぶたのたるみを改善したい方の中には、手術を受けることに抵抗のある方もいるかもしれません。そんな方は、「サーマクール」や「アルテミス・シェイプ」などリフトアップ効果のある機器を用いた治療がおすすめです。それらの治療を受けることで、まぶたのたるみを軽減させることができます。

 

いかがでしたか?まぶたのたるみ治療は、美容クリニックで治療を受けることで改善できます。
治療を受けるには、まず美容クリニックでカウンセリングを受けることが大切。カウンセリングを受けることで自分に適した治療法を提案してもらうことができ、それに合わせた治療が受けられます。

まぶたのたるみ治療をご検討の方は、こちらの記事もおすすめです★

まぶたのたるみ治療に強い!都内の美容外科おすすめランキング2018

おススメ記事

美の豆知識Topページに戻る