目のクマ、顔のたるみ・ほうれい線、知って得する美の豆意識

目のクマ,顔のたるみ・ほうれい線知って得する美の豆知識

男性のクマ事情とクマ治療について

  • 目のクマ

目の下のクマの原因は加齢だけでなく、寝不足や暴飲暴食などの生活習慣が大きく関わっています。最近では20代からクマに悩む男性が増えてきているように、若いからといってクマができない訳ではありません。蒸しタオルや化粧品、サプリメントなど取り入れてみるものの、すぐに目に見える改善は難しいため、悩みが深刻化している男性が多いです。より深刻化した目の下のクマは、セルフケアで改善するのは難しいですが、美容医療なら改善が期待できます。最近では男性が美容クリニックを利用するケースも増えてきているので、悩みを自分ひとりで抱え込まずに気軽に相談してみてくださいね。そこで今回、男性にできやすい目の下のクマの種類と原因、美容医療における治療法とリスクについて紹介します。

男性も悩んでいる!クマの悩みあるある

女性だけでなく、実は男性も目の下のクマで悩んでいます。男性が悩みやすい目の下のクマの悩みについて、年齢や立場の違う3パターンのケースを紹介します。


営業マンにありがちな悩み

人と接する機会の多い営業マン。目の下にクマがあることで、疲れてやつれている印象を相手に与えてしまいます。また恐く、不愛想に見られているように感じることが多く、営業という仕事の面でもマイナスなイメージを持たれてしまうという悩み。

会社経営者にありがちな悩み

様々な会社の経営者と会う機会も多く、第一印象が重要な立場である会社経営者。たくさんの部下をまとめる必要もあるため、疲れた顔は見せられない。目の下のクマやほうれい線なども綺麗になくして、パワーがみなぎっている印象にしたいという悩み。

40代男性にありがちな悩み

30代の頃の若々しい印象から、少しずつ加齢を感じてくる年代。これまで全くスキンケアをしなくても、仕事で残業が続いても、肌の老化は気にならなかった。しかし現在はいつまでも若く見られたいという願望を持ち、目の下のクマさえなければという気持ちがある。

目の下のクマはなぜできるの?クマの種類と原因

目の下のクマには大きく分類すると4種類あり、それぞれ発生する原因が異なります。自分のクマがどれに当てはまるのか把握しておくことで、改善点を見つけることができますよ。

青クマ

青クマの原因は、喫煙・睡眠不足・運動不足・冷え性などによる血行不良です。長時間のパソコン作業やスマホ、タブレットの使い過ぎなどが影響し、目の周りの血行が悪くなることで、目の下が青っぽく見えてしまいます。

茶クマ

茶クマの原因は、紫外線・皮膚炎・目のこすりすぎなどの刺激によるメラニンの増加と沈着です。女性の場合は、メイクを落とすときに肌をこすり過ぎ、メイクの色素沈着が原因と考えられますが、男性の場合はよく目をこする方に茶クマができやすい傾向にあります。

たるみクマ

たるみクマの原因は、加齢によって目の下の皮膚や脂肪が下がることで、たるみやシワができ、陰影ができることでクマに見えてしまいます。目の下の涙袋が目立つ方や、クマ自体が膨らんでいる場合は、このタイプの可能性が高いと言えます。たるみクマの特徴は、クマ全体が赤っぽく見えることです。

くぼみクマ

老化によって肌が元々持っているヒアルロン酸やコラーゲンが減少し、脂肪も減ることで、目の下が凹み、陰になってクマに見えてしまいます。くぼみクマの特徴は、黒っぽく見えることです。顔の脂肪が少ない方や頬のたるみがひどく目の下の皮膚まで引っ張られている方に起こりやすい症状です。

症状に合った治療法を提案してくれるクリニックを選ぼう

セルフケアでは目に見える効果が出るまでに時間がかかったり、逆に悪化することもありますよね。最近ではクマに悩む男性が多いことから、美容クリニックを利用する人が増えてきたそうです。クマの改善を求める人にとって、美容外科クリニックは【整形する場所】。という概念から、【改善してもらう医療機関】。という場所になってきているのかもしれませんね。

美容外科クリニックを利用してクマを改善する場合、クリニック選びは慎重に行う必要があります。目元は皮膚が薄く、非常にデリケートな皮膚組織です。実際に利用するクリニックを決めるまでに、複数のクリニックでカウンセリングを受けましょう。
クリニックのカウンセリングは無料で受けられることがほとんどですし、実際に担当医師と話をすることで、どのような治療を提案してくれるのか聞くことができます。治療メニューが複数あり、その中から貴方に合った治療法を提案してくれるクリニックがおすすめです。またメリットばかりを言うのではなく、しっかりデメリットも教えてくれたり、契約を急がず悩みや相談を親身になって聞いてくれたりなどがクリニック選びのポイントです。結論を急がせることなく、患者さんのペースで話を進めてくれる医師の在籍したクリニックが安心です。


目のクマの治療法とダウンタイム

目の下のクマの治療法には、大きく分けて3つの方法があります。クマタイプ毎に適した治療法、治療にかかる時間やダウンタイムについて紹介します。


目の下のクマの治療法

美容クリニックで受けられるクマの治療法はいくつかありますが、一番手軽な治療法はヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸を注入することによって、目の下に膨らみを出し、クマを改善します。また加齢によるクマは脱脂法。色素沈着によるクマの場合はレーザーによる治療が選ばれます。脱脂法とは、クマの原因となっている涙袋などの余分な脂肪を取り除く治療法で、入院せずに日帰りで手術できます。何よりもクマの原因となる脂肪を確実に取り除くことができるため、スッキリとした目元が手に入ります。
男性がクマ治療を行うときのポイントは、治療してどのくらいで人前に出ることができるかという点です。働いている男性にとって、治療による仕上がりも大切ですが、治療後どのくらいで通常の仕事に復帰できるのかという点も重要ですよね。施術してから回復するまでの期間のことを「ダウンタイム」と言いますが、目の下のクマ治療を行う際はこのダウンタイムについてまず把握しておきましょう。目の下のクマ治療においてダウンタイムの必要がないと謳っている治療が多いですが、ダウンタイムが全くないということはまずありません。そして治療にはリスクがあるということも把握しておきましょう。

治療時間の目安

ヒアルロン酸の注入やレーザー治療は、1時間程度。
脱脂法や組み合わせ治療は、2時間程度かかります。

目のクマ治療のダウンタイム

どの治療法も日帰りが可能ですが、治療法によっては術後2~3日目に腫れる可能性があります。女性の場合はメイクで隠すことができますが、男性の場合はメイクで隠すことができませんよね。マスクで隠したり、メガネで乗り切ったりすることもできますが、2日ほど休暇日があった方が安心です。
また治療内容によっては、入浴やサウナ、激しい運動を控える必要があるため、カウンセリング時にダウンタイムについてしっかりと確認しておきましょう。

治療のリスクについて

目の下のクマの治療法には多少のリスクが伴います。まず目のクマ治療のリスクとして考えられるのが内出血です。目のまわりの皮膚はとても薄いので、術後に内出血を起こすケースがあります。内出血の度合いについては、施術者の技術や治療に使用される針の太さで左右されます。内出血のリスクを減らすために、治療実績の多い専門医に依頼しましょう。その他にも、しこりができる、ボリュームがなくなる、感染のリスクが考えられます。

まとめ

目のクマでお悩みの男性へ。自分のクマのタイプ、原因はどうでしたか??まずはしっかりと生活習慣を見直して出来ることは改善していきましょう。そして、直したい!消したい!という方には治療がありますので、専門のクリニックへ足を運んで相談をしてみましょう。クリニック選びのポイントは、治療実績はもちろんのこと、親身になって相談に乗ってくれるかどうか、アフターケア保証がついているかどうかという点で判断できます。アフターケア保証がついていると、治療だけで終わりではなく、その後の経過もしっかり診てもらえるので安心です。納得のいくクリニックを選んで、目の下のクマの悩みを解消し、自信の持てる目元を手に入れてくださいね。

おススメ記事

美の豆知識Topページに戻る